インターネットでは、検索キーワードの数が
需要の数である、と言えるのではないでしょうか。

つまり、検索回数の多いキーワードが需要の高いものであり、
逆に、検索回数の少ないキーワードは需要の低いものであるといえます。

まさに、検索キーワードを制する者は
ネットビジネスを制する!といったところでしょう。