Archive for the 'SEO' Category

Published by admin on 06 6 月 2013

ネットユーザーたちが欲しい情報が提供できているか

ネット集客は難しいようで意外と楽じゃないのかなって思います。

難しく考えている暇があったら、とにかく毎日更新して欲しいのですが、
記事ねたに困っているというのなら、あなたが疑問に思ったことを書けばいいのです。
疑問にしたままではなく、わかったことを書く。
なぜ疑問に思ったのかも書いてみる。
あなたと同じように思っている方は意外と多いのですよ?

でもジャンルはできるだけ統一した方がいいですね。

もしたくさんの記事を複数ジャンルこうしんしているのなら
カテゴリ分けをすればいいのです。
そうすれば何をかいているサイトなのか分からない。
といったことが防げてしまいます。

ネット集客で成功するには、ネットユーザーたちが欲しい情報が提供できているかです。

ということは、中身の無いサイトでは集客できないということになるのです。
また、検索結果から訪れてきてくれても、
中身が無いと知るとみる方が少なくなり、検索結果はどんどん下に下がっていきます。

Published by admin on 17 5 月 2013

まじめに正しい文章で更新したい

堅苦しく感じるでしょうか?

でも検索エンジンは正しい文章で書かれたサイトを上位表示すると言いますし、
意味もなくキーワードを入れ込んだだけのものは排除されるようなのです。

まじめにという部分でも引っかかるかもしれませんが、
真面目なことを書いてくださいとはいっておらず、
きちんと毎日更新することがSEO対策では良いと言っているのです。

オーソドックスなスタイルがいい。

これは本当です。

一時期記事作成ツールなるものが有り、サイト量産をされる方には人気でした。
それだと分からないように方言に変えてみてまた、標準語に直す。
なんてこともしていたほどなのです。

でも機械的に作られたのは検索エンジンは除外します。
つまり面倒でもオリジナルで書かれた記事しか生き残れないということになります。

在宅ワーク求人募集でも記事制作をしてくれる人を沢山募集しています。
その理由はオリジナルのものを求めているからです。

もしその仕事を任せた時ツールを使ってつくったことが分かれば
報酬は支払われないようです。

Published by admin on 02 4 月 2013

集客上達に時間がかかりそうなら専門業者に

ネットビジネスでは集客は必須です。

上達するためにいろいろと勉強をしたり、得た知識を施すのに時間がかかりそうなら、思い切って専門業者にお任せしてください。

SEOコンサルタントといえば、ナッキー・コンサルティングですので、既存のホームページへのアクセス数が芳しくないという企業も相談をしてみましょう。何が悪かったのか、どのような手法を取り入れたほうがいいのか教えてもらうことができ、さらにお任せすることも可能なのです。

ビジネスではどれが本業か忘れてはなりません。

ネットビジネスを始めて、品物を販売するなら「売ること」が本業で、サイト構築やSEO対策というものは本来の目的ではなく商売をするための土台というものになります。例えばリアルの店舗をあなたが作るのでしょうか?広告チラシをあなたが作るのでしょうか?そうではなく、専門家にお願いしていますよね?

集客上達をあなた自身や雇ったスタッフが行なってもいいですが、集客できるまでに時間がかかってしまいます。

Published by admin on 18 3 月 2013

意識し過ぎない

SEO対策でのキーワードの入れ込みと数。
あまり意識し過ぎない方がいいと思いますが、検索結果として出てきたサイトを見ると、ごく普通にいれこんであるものがトップになっていることが多いように感じます。

実はこれ。正しいSEOと呼ばれており、以前なら無理やり入れ込んでいたキーワードも手直しをしているサイトが多くなっているのです。せっかく作ったのですからいちから作るよりもリライトしたりなどで使っているのですね。

文章を読んでいて読みやすいものってありますか?

あれが正しいといえる方法で、ネットユーザーたちに好かれるようなサイト制作をすることが一番良いのです。リピート率も高くなりますし紹介してくれる確率も高くなってくるのです。

文字が多いサイトが良い。
そうではなく、わかりやすく適当な所で区切ったごく自然で読みやすいものがネットユーザーにも検索エンジンにも好まれるのです。

文章が苦手なら誰かに書いてもらってもいいと思います。

Published by admin on 23 1 月 2013

連携機能を上手に使う

最近のブログやSNSでは連携機能がつくようになりました。

これを上手に使うことによって沢山の集客を集めることが可能です。

ブログであれば、ツイッターやフェイスブック、SNSへの連携機能にチェックを入れることで、
あなたのそれにリアルタイムで更新情報として載せることができます。

SNSでも同じです。

SNSの使い方によるのですが、外部ブログを遣うのではなく、
チェックと言う方法を用いて、あなたのブログなりを更新した情報として
つぶやきなどで知らせることが可能になっているのです。

SNSで外部ブログを遣うのはマイナスだと私は考えています。

なぜなら、外部に飛んでまで見てくれる仲間は非情に少なく、
できればSNSで日記を綴りながらチェック機能でブログへの集客をしたいものです。

フェイスブックではブログ更新に掲載した写真も載るようになっています。
関心を持った方は其処をクリックして訪れるという仕組みです。

沢山のSEO対策がありますが、このような便利な機能を使うことで、
従来の集客よりも多くのアクセスが望めますので、上手に使ってみてください。

フェイスブックの良い点は、あなたの名前や出身地によって探してきてくださる方がいる、
関連が有る方ではないかということで、知っている人ではないかというリストがメールで入ってくるところですので
沢山の友人が増えていくのです。

Published by admin on 07 11 月 2012

誰かに紹介してもらえるサイトにしたい

今多くの方がツイッターやフェイスブックを使っていますが、
自分の言葉に変わって説明してくれるサイトがあれば使っていることをご存知でしょうか?

例えば「サクラの育て方」を自分で説明できない、あるいは画像がない場合、
ネット検索をして出てきた結果をフェイスブックなどに貼り付けるのです。
URL付きであればそれをクリックしたら飛んでいく仕組みです。

このように沢山の方に紹介してもらえるサイトになると、
あなたや専門業者以外が施したSEO対策以外にも
アクセスアップが望めるのです。

誰かに紹介してもらえるサイトにすれば、今までよりも
多くの方が訪れるようになります。

Published by admin on 28 9 月 2012

続けることこそSEO対策になる

ネット集客で究極の方法は「続けること」です。

特別なことをしなくても、毎日更新されている
商用でもなく、素人のブログですらかなりのアクセスを稼いでいます。

これは嘘ではありません。

SEO対策業者もそれを知っていますし、
アフィリエイターも知っていますので、
そのようなブログやサイト運営者には被リンクを稼ぐために
相互リンクをお願いするくらいなのです。

日々続けていけばいざ、商売をネットで展開する時
かなり役に立つことでしょうし、
これから商売をされる方も同時進行で
日々更新するサイトを立ち上げましょう。

Published by admin on 30 8 月 2012

同じ手法でやっていくか?

ネット集客術で生徒を募って行われるものがあります。

そのほとんどがネットビジネスも兼ねているのですが、
費用は数十万円と安い価格ではありません。

専門学校にいった気になれば、値段的には安いと感じますが、
もし多くの方が参加され、同じ手法で行った結果
すべての方が稼げるとおもわれるでしょうか?

扱う商品が違えば確かに稼げるかもしれません。
同じ商品を扱った場合ライバルとなります。

その数が多いほど稼げる率は分散されますし、
ネット集客術が変わった時には各々で修正を加えていかなければなりません。

もし講座で学びたいという方は、そのへんも覚悟して学びましょう。

私の考えとしてはひと通りの流れを知って実践し稼げた時、
己の集客術を持つようにしたほうが勝ち残れると感じます。

Published by admin on 30 7 月 2012

最新のSEO対策術情報を入手しよう

ネットでの集客術を上達させるなら、
最新のSEO対策術情報を入手しておきましょう。

検索エンジンに関することであれば、予告として情報提供されたりしますので、
慌てて修正を掛ける必要はありません。
予告された日が決まれば検索エンジンから結果を調べ、
ほんとうにそのとおりになったと思った時に修正をすればいいのです。

本当はそうじゃなかったという事もあります。
あなたのサイトがきちんとしたものでれば検索エンジンからはじかれることはありませんので、
早とちりして変な方向に走らないようにしましょう。

Published by someone on 27 5 月 2011

アップロードしてからが勝負

ホームページを立ち上げて最初の頃は驚くほどアクセスが無いことに愕然とするでしょう。

これは、検索エンジンに反映されていないからです。

反映されていても上位表示させることもできないのが大きな理由です。

ここから検索上位表示させるための戦いが始まるのです。

Next »